機能とデザインを考えたゴルフ用ボストンバッグの選び方

2018年2月9日 | スポーツ・趣味関連の選び方 |

ゴルフ用ボストンバッグのイラスト

ゴルフはゴルフ場に行くまでのスタイルにも気を配ることが多い。その一つに着替えなどを入れるボストンバッグがある。ゴルフバッグに次いで2番手に大きい荷物なので、それを持つ人の印象にも影響を与えやすいと言える。それでは機能や外見的な面からゴルフ用のボストンバッグの選び方について見ていこう。

機能的なボストンバッグの選び方

ボストンバッグに入れるアイテムはプレーや天気・季節によって変化する。まずは何を入れるのかを確認してから、それらを収めることができるボストンバッグのサイズを見極めよう。

条件関係なく共通で入れる物

1.ゴルフシューズ&シューズバック
2.ゴルフウェア&キャップ
3.タオル
4.飲み物など
5.帰る時用の着替え一式

通常の日帰りプレーならこれらのアイテムが入るサイズのボストンバッグを選ぶようにする。続いて、

雨の日に追加で入れる物

雨の日のゴルフ

・レインウェア
・ゴルフウェアをもう一式

雨の日のプレーではレインウェアを欠かさず持っていきたい。またレインウェアも万能ではないので替えのゴルフウェアをもう一式入れていった方がいいだろう。午前中のプレーでウェアが濡れてしまっても昼食休憩中に着替えて濡れたウェアを乾燥室にかけておけば、帰る時にも効率よくなるからだ。

夏のプレーに追加で入れる物

夏のゴルフ

・日焼け止め&虫除けアイテム
・ゴルフウェアをもう一式
・大きめの水筒

夏も雨の日と共通で替えのゴルフウェアをもう一式持っていた方が良い。必ず汗だくになるので、昼食休憩中に着替えれば午後のプレーも快適に行うことができる。また暑い季節は日差しと虫刺され対策も必要になるので、それらに対応したアイテムも。そして大きめのスポーツ用水筒も必需品であると推して伝えたい。うだるような暑さの中冷たい飲み物がどれほどの慰みになることか。熱中症対策にもスポーツドリンクを入れてカートに積んでおこう。

できるだけ軽量なバッグを選ぶ

ボストンバッグを持つ時はキャディバッグも同時に持つ瞬間もあるので、それを考えるとできるだけ軽量なバッグが良いと思う。プレー前には汗をかきたくない。

デザイン面の選び方

まずボストンバッグはクラブハウスに入る時に使うものである。クラブハウスの雰囲気は大抵フォーマルでラグジュアリーな雰囲気をもち、プレーヤーのマナーとしてはその雰囲気を壊さないことが大切である。従ってボストンバッグにもある程度の洗練された印象を求めることがデザイン面の選び方である。カジュアルすぎるのはご法度であると覚えておこう。

スポーツブランドのボストンバッグにもカジュアルなものからラグジュアリーなものがある。ブランドバッグは機能や耐久性には問題ないので、ゴルフバッグ選びに迷ったら「スポーツブランドのラグジュアリー感のあるボストンバッグ」を選んでおけば間違いないだろう。

91d2EPwN9uL._UL1500_

ゴルフは紳士的な側面から、よりスポーツ的なイメージへと変化していっていると個人的には感じている。(そうでないと存続が危うい)いっその事クラブハウスという存在がなくなればいいのでは?と思ったりもするが、あることによって良い面もあるので一概には言えないかもしれない。

機能とデザインを考えたゴルフ用ボストンバッグに関連する選び方