初心者に最適!ロストボールの選び方

2018年1月10日 | スポーツ・趣味関連の選び方 |

網に入ったロストボール

初めの内は何個もボールを無くすハメになるだろう。だから初心者は1個600円もする高級ボールではなく価格がお手頃なロストボールを利用してゴルフを楽しむべきである。

初心者用ロストボールの選び方

ロストボールとは?

コースで紛失したボールをゴルフ場が回収し、それを業者へ売り渡したものをロストボールという。いわゆるゴルフボールの中古品である。中古品でも性能はそのゴルフボールが持っているものを維持しているので、アマチュアのプレーでは特に問題がない。

ロストボールにはランクがある

A、B、Cと3つのランクに分けて売られることが多い。もちろんAが最高で外見塗装もきれいで傷もほぼないため新品間違うこともある。Bは塗装が禿げていて見た目がボロいが傷は少ないといった感じだ。Cは塗装も禿げて傷も多いといった具合になるだろう。

個人的には最初の内はBランクのロストボールを使うことをオススメしたい。見た目が汚いだけであって性能的には問題ないので一番コスパが良いと感じるからだ。これを踏み台にしてA、新品ボールとステップアップするといいだろう。(感覚的に600円/個のボールが200円/個ぐらいまで下がる感じ)

また中にはABランクというAとBの中間に属するロストボールもあるので、そういったものを探すのもオススメだ。

銘柄が統一されているものを選ぶ

メーカーもボールもバラバラのロストボールセットは当たりハズレもあるので避けるとよいかもしれない。例えばタイトリストVG3だけのロストボールセットなど、メーカーと銘柄が統一されたボールを選ぶと、プレーも比較的安定しやすくなる。

初心者に最適!ロストボールに関連する選び方