脱走した時に役立つ猫の首輪の選び方

2017年11月22日 | ペット関連の選び方 |

赤い首輪の猫

個人的に家猫に首輪は必要ないと思うが、天気の良い日にリードを付けて庭に出すこと時は、リードが外れて脱走した時の保険に首輪をつけるようにしている。(少しづつリード外すのがうまくなってる気がする…)まあリード付けて庭に出さなくても、窓を閉め忘れたりした時に間違いなく脱走するので、首輪は用意しておいたほうが良いと思う。

脱走時に役立つ首輪の選び方

首輪はパーツ組合せタイプとオール・インタイプがある

首輪や鈴、ネームプレートなど好みのものを選んで組み合わせるタイプと、全部がそろったオール・イン型の首輪がある。私が選んだ時は好みを反映できるので組合せタイプの首輪を選んだ。

連絡先が記入できること

脱走して誰かに保護してもらった時のためにネームプレート(迷子札)は必須だ。これは必ず入れると良いと思う。

鈴はいらないかなー

猫は無気配無音で足元に近づくので、、、踏んづけやすい(-_-;) だから音で教えてくれる鈴があると便利だと合理的には感じるだろうが、一緒に暮らしているとある程度行動パターンを把握出来きるのでいらないと思う。猫だって動くたびに鈴がなるとストレスになるかもだし、こっちもうるさく感じてくるからだ。(個人的見解、忙しい時に「遊べーーっリンリンリンリンリンリンッ」はうるさし)

ワンタッチで着脱できて、引っ張ると外れる首輪

最後に首輪のバックル部分について。ベルト形式の首輪は付けっ放すこと前提だと思うので私は選ばなかった。パチパチとワンタッチで着脱できて、なおかつ引っ張ったり強い力が加わると外れるセーフティバックルタイプのものが良いと思う。脱走した時に何かに引っかかって首が締まることもないので少し安心だ。

私はシュシュみたいな首輪にした

という訳で私はイオンペットでふわふわしたシュシュみたいな和柄水玉の首輪を選んでみた。最初はポン・デ・リングみたいでかわいかったが、成長するに連れて埋もれていってしまい今では面影がない。(キツくはないみたい、首がずんぐりしてきたみたいだ)

こういったシュシュタイプは首かく時に爪が引っかかりやすいと不評もあるが、首輪してるから痒いんであるので家猫なら普段は外してもいいんじゃないかな、と。

71HCb6owgCL._SL1001_

イメージ的にはこんな感じのフォルムで鈴はついてない。バックル部分が猫の形をしており、猫の形をしていればセーフティバックルである可能性が高いと思う。(ちゃんと確認するとよい)これに迷子札を付けて時々装着してもらっている。うちは三毛なので赤が似合う、唐草みたいな和柄もかわいいから迷っちゃいますね。

調節出来るタイプも魅力的だと思う

51gBpqZW0ML._SL1000_

こちらの商品みたいにベルト長さを調節出来るタイプも魅力的だと思う。子猫の頃から付けてたり、太ったりした時に対応可能なのは便利です。

脱走した時に役立つ猫の首輪に関連する選び方