経済的で実用的な「システムトイレ用猫砂」の選び方

2017年11月23日 | ペット関連の選び方 |

猫のトイレの猫砂

ペットを飼う上でランニングコストは避けられないもの。しかしながら使いにくいものを選んでも安物買いの銭失いになりかねない。今回は我が家で使っているオススメ猫砂を紹介しつつそれを選んだ経緯を参考にしていただきたいと思う。

システムトイレ用猫砂の選び方

システムトイレとは?

81F9wAKdlXL._SL1500_

猫用のシステムトイレとは、2段構造になっていて上段に猫砂を巻き下段に吸水シートを敷いて使う構造のトイレで大抵フードが付いている。大体の愛猫家は使っていると思う。

専用の猫砂って高くてめんどい

で、このシステムトイレには専用の猫砂を使わなくてはならないのだが、それを使いたくない理由として、

① 値段が高い
②おしっこを吸収しない
③だから下のシートも専用のものを使わなくちゃならない
④一般的なのは人用トイレに流せない

といった具合である。まず値段が高くおしっこを吸着しないので専用シートも買わなくちゃならないからダブルで経費がかさむ。そしてウンチに付着すると家のトイレに流すことができない(流せるものもある)ので、いちいち袋に詰めて処理しなくてはならないため、、、かなりめんどくさい。

我が家では”ストーブ用ホワイトペレット”を使っている

81anZrLi7fL._SL1500_

そこに登場したのがこの「ペレット燃料 ホワイトペレット 10kg」。価格差で比べると専用猫砂に比べて40、50%ぐらい安い

ペレットの良いところ

①とりま低コスト
②おしっこの臭いが段違いに抑えられる
③うんちもトイレに流せる
④シートも普通の安いやつに変えられる

かなりいいよね。ペレットは水分吸収すると崩れて粉になるので、おしっこした後シャベルでガラガラするだけで下段シートに始末できる。あと使って驚いたのがオシッコの臭いが段違いに抑えられることである。これはかなりありがたいおまけだった。

システムトイレをつかうならペレットで決まりですよ。本当に。

経済的で実用的な「システムトイレ用猫砂」に関連する選び方