素早くホールド&カットできる猫の爪切りの選び方

2017年11月21日 | ペット関連の選び方 |

猫の爪切り

ニャンコを飼う上で大切なのが毛や爪のケアである。今回は私が「猫の爪切り」を買う時に注目したポイントを紹介しながらその選び方を考えていきたい。猫にもよるだろうが我が家の猫はあまりおとなしくない(・_・;) 従って選んだ時のポイントは、

① 素早く爪をホールド
② 無慈悲に素早くカット

という点である。泣きわめくからかわいそうと躊躇すると何時までたってもカットできないし、なによりためらうと正確に切れず深爪しちゃうこともあるからだ。素早さ命。

ワタシ的な猫の爪切りの選び方

握り手部分をまず選んでみた

最初に自分の手に馴染むのが大切だと思ったので、グリップ部分に注目し商品選別してみたのだが、グリップは「ハサミ型」と「ニッパー型」に別れるようだ。猫の爪は意外と硬い。従ってより力がスムーズに伝わりやすそうなニッパー型爪切りを一要素とした。(手のひらで握るタイプのことです)

続いて「刃」を考察

これも2種類あり、「ハサミ型」と「ギロチン型」が主流である。私が選んだのはギロチンタイプ、ハサミ型は横に滑ってホールド感が足りないし角度も変わっちゃいそうなのでやめといた。その点ギロチン型は爪サイズの穴が空いており、そこに爪を通し握るとギロチンカッターで垂直カットしてくれる。素早く正確に切ることが出来るので大助かりだ。

もちろん「ハサミ型」も試したけどいまいち

なんか爪を切る時どこから切るか刃を当てるとゾワゾワするらしく、、、キレられる。ハサミ型も先端がフック形状になっているので掴みやすくはなっているが、ギロチンほどの正確性とホールド感が足りないと思う。でも前足の横の爪はハサミ型のほうが切りやすい。後ろ足は太い爪なのでギロチン有利。

最終的に選んだ猫の爪切り

そんな感じで選んだのがこれ。「廣田工具製作所 ペット用つめ切り ネイルトリマー ZAN ギロチンタイプ 小型犬・中型犬用」。ん?犬…用?

問題なし!!

何年も使っているけど切れ味が全く落ちず良い買い物をしたと思っている。サクっとした切れ味感がたまらんです。

素早くホールド&カットできる猫の爪切りに関連する選び方