猫目線で選んでいきたい猫用シャンプーの選び方

2017年11月24日 | ペット関連の選び方 |

シャンプー中の猫

季節の変わり目に一回する程度なので頻繁にはシャンプーしないが、一度しっかり選んでおくと後々楽だと思うので、これを機会に猫のシャンプーの選び方をまとめたいと思う。ちなみにこれまでは直感的に低刺激で匂いが無いものを選んでいた。猫って匂いに敏感でちょっと手で撫でるだけでも自分で舐めて洗っちゃうからね。

猫シャンプーの選び方

やっぱり低刺激でノンフレグランスがいいみたい

やはり自分の直感は正しかったと言える。猫の前に犬を買っていたことがあるので、人間用シャンプーで洗うなんてことは眼中になかった。猫は肌が敏感なので低刺激匂いを気にするのでシャンプーで匂いがつくのはストレス。この2点が主な理由のようだ。

匂いが少ないシャンプーってあるけど

download

色々情報収集中に上記のシャンプーがオススメされており、匂いが少ない点もアピールされていたが、それって人間の嗅覚での話?猫は比べ物にならないぐらい嗅覚鋭いよ?と疑問を抱いた。なんか納得できないのでこれは選ばないな。

良さそうなの見つけた!

71BKRT4l3LL._SL1500_

で、他にも探しているうちに「クイック&リッチ トリートメントインシャンプー 愛猫用 」というかなり良さそうなものを見つけてしまった。レビューもついてて低刺激でノンフレグランス。商品の特徴としては毛艶が良くなりシャンプー後の乾きが早いとのこと(その分泡は少なめ)。シャンプー自体も大変だけど乾かすのも一苦労でドライヤーなんて100%ビビる。その点このシャンプーはタオル拭きで結構乾くようだ。今のシャンプーがキレたらぜひこれを試してみたいと思った。価格もお求めやすい。

さらに良さそうな「水入らずの泡シャンプー」

61VDA1P9B4L._SL1280_

さらに物色していくと、もっと良さそうなのも見つけてしまった。それが上記画像の「ジョイペット 水のいらない泡シャンプー猫用 」。ドライシャンプーのことは知っていたがスプレータイプは驚く猫もいると聞いていたので試したことはなかった。このシャンプーの良いところは泡が出てくるので驚かせずにドライシャンプーができることだろう。シャンプーだけじゃなく、ティッシュにつけてお尻周り散歩後に肉球を拭いてやることもできそうだ。

という訳で今のシャンプーを使い終わったらこの2点を買って試してみたいと思う。2つで1,000円ちょっとなんて嬉しすぎる。

猫目線で選んでいきたい猫用シャンプーに関連する選び方