見た目も大切!美味しく見えるパスタ皿の選び方

2017年12月5日 | 住居・日用品関連の選び方 |

皿に盛り付けられたパスタ

料理は見た目も重要であり、絵画で例えると皿は額縁とも言える最重視したいポイントだ。店で出す訳ではないが家庭でも見栄えが良いほうが幸せといえるだろう。日本人は古来より器に価値を見出してきたのだから、ぜひ最適なパスタ皿を見つけ出しちょっとした喜びを感じて欲しい。

おいしそうなパスタ皿の選び方

パスタ皿のサイズ的定義

厳密にはパスタ皿という分類はなく、海外ではスープ皿などをパスタの盛り付けに代用しているようである。パスタを食べやすいサイズと言うものがあり、

直径20〜25cm、深さ3cm程度

ということになっているようだ。つまりこのサイズ定義に合う皿ならなんでもパスタ皿として使うことが出来る。カレー皿と併用しても良いのかもしれない。

パスタ皿はリム付きか無しかの2タイプ

リム付きパスタ皿

パスタ皿の形状は大体円形で楕円形のものもある。そして見た目的にタイプを分けるのなら「リム」があるかないかがポイントになるだろう。リムとは皿の一段上がったヘリのことで、これが大きいとよりゴージャスに見えやすくなる。写真のようにスパイスを盛り付けることも可能だ。

見た目が良くなるのでパスタ専用皿を求めるならリム付きパスタ皿をおすすめしたい。(この場合は前述サイズより内径が小さくなるが、捻って高盛り付けが出来るのでより美味しそうに見える)

パスタは彩りが美しいのでシンプルな皿が良い

これは個人的見解であるので好みも別れると思うが、パスタは単品料理としては比較的彩りが豊かな料理であると思う。コーディネートの観点からすると対比効果を効かせたいので、皿に模様が付いたものは似合わないだろう。従ってパスタ皿を選ぶなら、

単色(できればホワイト)の皿

を選びたい。

おいしいそうなパスタ皿をピックアップ

美味しそうに見えるパスタ皿を選ぶなら、

① リム付き皿
② 単色で料理を邪魔しない

この2点を目安に選べば良いと結論づけたい。ではコレに沿って何皿か良さそうなものをピックアップしてみよう。

K’dep(ケデップ) 白い器シリーズUFOBOWL2枚セット

内径が14cmと小さいが高さが4cmあるので容量的には十分。これに盛って食卓に上げればゴージャス感高まるだろう。

テーブルウェアイースト (黒マット)

リム付きと言っておきながらリムがついてないが、このワイドな印象はリムに似たものがあるのでピックアップした。なによりこのアーバンな感触が美味しそうだ。モリモリ盛り付けるのでなく料理よりも皿の面積が多く映るように盛り付けると良いだろう。

和食器 柚子赤斑点7.5冷やし皿 [22 x 4cm] 

41OA2JQCyyL

和食器特有のゆがみと厚み、何よりマットなレッド皿というのがピックアップポイント。この赤地にパスタ麺の黄金色が映えそうである。

コスタ・ノバ ノバ スープ&パスタプレート

ふむ、これもリム付きっぽい印象を受けるのでピックアップ。ポルトガルのリゾート地「コスタ・ノバ」が由来の陶器メーカーのもの。西洋食器でこういったユガミを取り入れているのも珍しいと思う。デザインもシンプルで美味しそうな料理が目に浮かぶようだ。

見た目も大切!美味しく見えるパスタ皿に関連する選び方