野菜はおまかせ!菜切り包丁の選び方

2017年11月6日 | 住居・日用品関連の選び方 |

菜切り包丁

戦前の日本においてポピュラーであった菜切り包丁、その名の通り野菜類を切る際に役立つ包丁だ。刃は両刃のためまな板に対して垂直に下ろすことができるため安全性も高い。長方形のフォルムは先端にも力が入りやすいのでキャベツの千切りや玉ねぎのみじん切りなどが最もやりやすい包丁だ。

かんたんな菜切包丁の選び方

刃渡りは15cm~21cmぐらいだ使いやすい

まあ大体はこの範囲に収まるのだが目安として提示しておく。キャベツの千切りや葉物束をカットする場合は刃渡りが長いほどやりやすいと言える。

素材はステンレスがいい

この包丁にそこまで切れ味を求めることはないので、メンテナンスも考えるとステンレス素材のものが妥当であると言える。

肉・魚には向かないので注意

肉や魚を切るには先端が尖っていないと刃が入りづらくカットしづらい。菜切包丁は軽くもあるため中華包丁のようには肉などを切断できないことに注意したい。

皮むきにも向かないので注意

基本両刃の包丁なので薄く切るのが苦手だ。したがって皮むきには向かないことに注意しておいてもらいたい。

千切り・みじん切り用に一本

使用範囲が狭い包丁であるが、あえて手元に置くなら千切り&みじん切り用として揃えておくのも良いと思われる。千切りだけなら専用アイテムもあるが、みじん切りにいちいちミキサーを使うのがめんどくさいという方は菜切包丁でその役目を補えることを知ってもらいたい。

野菜はおまかせ!菜切り包丁に関連する選び方