耐久性が命です!ポテトマッシャーの選び方

2017年11月14日 | 住居・日用品関連の選び方 |

ポテトマッシャー

ジャガイモだけでなくカボチャやゆで卵、離乳食を作るときなんかも役に立つポテトマッシャー。選び方は単純で耐久性が命とも言える。基本的に力を込めて使用する調理ツールなので数回の使用でひしゃげてしまっては役に立たないからだ。従って素材は金属製がよく買う前にその剛性を確かめよう。ただ少しタイプが別れるのでその点を選び方として紹介して行きたい。

ポテトマッシャーの選び方

L型ポテトマッシャー

ターナーが直角に折れ曲がったようなデザインのポテトマッシャー。直角部分を支点に挟み込むように潰していくのが基本的な使い方である。このタイプは少し弾力性を持つ物もあるが、固くて剛性の高いものの方が個人的には使いやすい。素材はプラスチック系はNG、絶対ステンレスなどの金属が良い。

垂直型ポテトマッシャー

マッシャー部分と柄が垂直になったポテトマッシャー。L型よりも力が入れやすく、より多くの素材を潰す時に役に立つ。個人的には力が入れやすいほうが使いやすいと思うので、このタイプのポテトマッシャーをオススメしたい。

握りタイプのポテトマッシャー

にんにく潰しのように挟んで握って潰すタイプのポテトマッシャー。比較的力を入れずに作業できるが掃除がめんどくさい。ジャガイモの皮が内部に残るので便利ではある。

パンチングタイプのポテトマッシャー

最後はマッシャー部分の穴部分。これはターナーのように棒状の穴かパンチング加工のように丸円が細かく空いたものがある。棒状の穴は素材感を残しつつ潰すのに適しており、細かい穴が開いているタイプの方は細かくすりつぶしやすい

※L型をターナー代わりに使わない方が無難です

耐久性が命です!ポテトマッシャーに関連する選び方