知っておくと便利!トイレ用洗剤の選び方

2018年2月7日 | 住居・日用品関連の選び方 |

トイレ用洗剤が並んだ写真

やはりトイレは清潔に保ちたいもの。そのためには効果的な洗剤を選ぶ知識を持っていると何かと便利である。このページでは「汚れの種類」に合わせて効果的な洗剤を紹介しつつ、洗剤の使い方やタイプ別にも分類してトイレ用洗剤をご紹介する。きっと便利になる知識が身につくはずだ。

上手なトイレ用洗剤の選び方

汚れに合わせて「◯性」を選ぶ

日々のお手入れには「中性洗剤

効果は小さいが比較的軽めの汚れに対しては「中性洗剤」を使うのがベストと言えるだろう。床や便座・蓋などトイレ内のあらゆる場所に使用できるので、基本の掃除用洗剤として用意しておきたい。

黄ばみ・水垢には「酸性洗剤

黄ばみや水垢などアルカリ性の汚れに対しては「酸性洗剤」が効果的だ。ただし面倒くさがってトイレの床なども一緒に掃除してしまうと床にダメージを与える場合もあるので注意したい。匂いの原因であるアンモニアもアルカリ性なので、酸性洗剤で掃除をすれば除臭効果も期待できる。

黒ずみには「塩素系洗剤

黒ずみ汚れはカビやホコリといったものが原因となり大概しつこく頑固な汚れである。効果が強力なのできちんと換気しながら掃除をするように心がけたい。便器内だけでなく便座や床の黒ずみを除去するのにも使える。下記のようなジェルタイプだとブラシを使わずに汚れを落としやすいようだ。

61-TA3WDvTL._SL1024_

洗剤のタイプで選ぶ

ニュータイプな「スタンプ型洗剤

71+c39Gp9kL._SL1024_

トイレ内にジェルをペタッとスタンプする置くだけ系のニュータイプ洗剤である。トイレを流す度にジェルが溶け出してトイレ内を洗浄する。新しいだけでなく置くだけタイプよりも管理がしやすいのでオススメである。

オーソドックスな「スプレー型洗剤

81Ih-V57WOL._SL1500_

スプレータイプは広範囲に潜在を塗布できるので使いやすい。これと機能的なトイレ用ブラシを組み合わせれば大抵の汚れには対処できるはずである。

参考:使いやすいトイレ用ブラシの選び方

楽ちんな「置くだけ洗剤

71a3Wymx6zL._SL1500_

ブルーレットに代表されるトイレタンクの手洗い部分に装着するタイプのトイレ用洗剤。流す度に掃除効果をはっきするのでとても楽ちん。またブラシを使わないので使うよよりは衛生的に保てるメリットも有る。ただし空になって交換せずにほったらかしやすいので管理も怠らずに。

強力な「液体タイプ洗剤

41WmPPUSsiL

液体タイプは塩素系洗剤が多い。一本は用意しておきたい。上記の洗剤は尿石除去にも強力な効果を発揮する。

力+洗浄力「ブラシ型洗剤

71D5GmS2RGL._SL1500_

ブラシ部分に洗剤を染み込ませたタイプのトイレ用洗剤。ゴシゴシとこする力と洗剤の洗浄力が組み合わさって汚れに対して効果的なアプローチを発揮する。ただしコスパは高めである。

知っておくと便利!トイレ用洗剤に関連する選び方