掃除にあると便利なデッキブラシの選び方

2018年1月30日 | 住居・日用品関連の選び方 |

デッキブラシが並んでいる

使っている家庭は少ないかもしれないが、一般家庭でこそデッキブラシを活用することで掃除が楽になるし効果も高いと声を大にしていいたい。室内ではなく屋外でつかうものだが、やはり屋外の汚れは頑固なものが多いので力技が必要とされる。そんな時デッキブラシがあると便利なのだ。

デッキブラシの選び方

デッキブラシを使う場所

ウッドデッキの掃除はデッキブラシで

まず第一にベランダとウッドデッキである。室内からも見えやすい屋外要素なので、ここをきれいにすると気分も晴れやかになるだろう。

玄関掃除もデッキブラシで

次はやはり玄関だ。毎日目を通す場所なのできれいにすることで気持ちも新たになりやすい。土間部分もウッドデッキならゴシゴシ掃除できる。

駐車場だってデッキブラシで掃除

最後は駐車場と家の外壁。駐車場や外壁の掃除は大掃除ぐらいで良いと思うが家の外見に繋がる要素なので、ここもきれいにするとスッキリするだろう。

ブラシ素材は耐久性の高いナイロン製で決まり

download

ブラシ素材はナイロン製と天然毛の2種類になるが、デッキブラシは力を入れて使用するので耐久性を優先するのが一番である。従ってナイロン製のデッキブラシを迷わず選ぶことにしよう。

またブラシの横幅は広いほうが掃除しやすいのは間違いないと思う。

柄は伸縮タイプが使いやすい

417opjZBLnL._SL1000_

柄は長さを考慮する必要があるが、最近は伸縮するタイプも多く出てきたので、私としてはそのタイプのデッキブラシをオススメしたい。理由は、場所によって長さを調節して掃除が出来ること、そして収納する時にコンパクトにすることができるので便利であるからだ。

デメリットとしては超力入れて掃除していると柄がクルッと回って縮むことだが、これは慣れで加減が分かってくるので問題ないと思う。

ホースを装着できるデッキブラシ

41QkoWoo42L._SL1000_

デッキブラシにホースを装着して掃除をしやすく設計されたデッキブラシもある。このタイプは使ったこと無いが評判としては上々なようだ。伸縮タイプでもあるので玄関・ベランダ・駐車場はもちろん外壁もやりやすいだろう。

掃除にあると便利なデッキブラシに関連する選び方