はじめてのチーズフォンデュ鍋の選び方

2018年1月26日 | 住居・日用品関連の選び方 |

チーズフォンデュ鍋にパンを入れて食べる

チーズフォンデュは外食では食べたことはあるが、家庭内で調理したことはない。しかし料理としては手軽で特別な演出感も感じることができるのでレパートリーに加えておきたい。そのためには要となる鍋の選び方を把握しておきたい。

チーズフォンデュ鍋の選び方

後片付けを考えるとフッ素加工

出だしで後片付けから考えるのも夢がないが、やはり後始末に手間がかかるとその後倦厭してしまうので大切だと思う。チーズフォンデュ鍋にはホーロータイプもあるが表面をフッ素加工された鍋の方がこびり付いたチーズを洗いやすいそうなので、鍋を選ぶ時はフッ素コーティングされたものを選びたい。

取っ手付きだと事前調理が楽チン

フォンデュ鍋はキャンドルで加熱するのが主流であるが、最初からキャンドル調理すると時間がかかりすぎてしまう。取っ手がついていればコンロでトロトロに溶かして食卓でキャンドル保温という手段を取りやすいので便利である。合わせてIH対応鍋が最適と言えそうだ。

レンチン対応でも楽チン

コンロを使って事前調理するのはレンチンできない鍋。レンチンできる素材の鍋ならそちらの方が手軽に用意できて良いだろう。

712Vfx-gGFL._SL1001_

このフォンデュ鍋ならレンチン可能でデザインもかわいくて欲しくなる。

サイズをどうするか

後はサイズについてもまとめておきたいが、4人家族なら4人前の鍋を用意するのではなくて、2人前の鍋を2つ用意するといった形の方が使い勝手はよさそうに思う。チーズの種類を2つ用意して食べ比べるのも楽しいし、パーニャカウダやアヒージョなんかにも使いやすくなるからだ。

はじめてのチーズフォンデュ鍋に関連する選び方