お家外食を楽しめるステーキ皿の選び方

2018年1月17日 | 住居・日用品関連の選び方 |

鉄板ステーキ皿

食卓に臨場感をもたらしお家で外食気分を味わえるステーキ皿、もちろんステーキ以外の料理にも活用できる。たとえば焼きそばやトースト類など。ステーキ皿にも少し選ぶポイントがあるのでその点をまとめてご紹介したい。

家庭用ステーキ皿の選び方

皿タイプかスキレットタイプ

ステーキ皿というと平らな鉄板をイメージする人が多いと思うが、実はヘリが深いステーキ皿もありそれをスキレットと呼ぶ。

81Lc2RMr6KL._SL1500_

通常のステーキ皿は調理したものを乗せるのみだが、スキレットは直接調理したものをそのまま食卓に出すといったスタイルも可能になる。麺類ならヘリが深いほうが食べやすいが、深すぎるとナイフを入れにくいのでステーキがちょっと食べにくい。

517cJC1ys7L._SL1024_

またこちらのようにハンドルがついたフライパンタイプのスキレットもある。どうだろう、このスキレットで料理を提供したら一気に外食気分が盛り上がらないだろうか?

ステーキ皿を選ぶなら、オーソドックスな皿タイプヘリが深いスキレットタイプかでまずは選ぶと良いだろう。

どの熱源に対応しているかチェック

IHキッチンコンロ

ステーキ皿は加熱しなくてはならないので、自宅のコンロの熱源をチェックしそれに対応しているステーキ皿を選ばなくてはならない。IHに対応していれば大体の熱源で使えるので間違いないかもしれない。

ステーキ皿は洗うのが面倒なので・・

81EHpufx4AL._SL1500_

ステーキ皿を洗う時は洗剤を使わず水洗いするのが基本であり、頑固な汚れにはタワシで対抗するのがベストである。洗う手間を少しでも省くために装飾の付いたステーキ皿は避けるほうが良いだろう。汚れがたまりにくい皿を選ぶということだ。

サイズと形状

61KAy7wWGvL._SL1000_

スキレットではなくステーキ皿を選ぶなら、サイズは24cmぐらいが万能で形状はオーソドックスな楕円形のものが使いやすい。この写真をみるだけでステーキだけでなく、鉄板焼きそばも食べたくなってしまう。

お家外食を楽しめるステーキ皿に関連する選び方