お家で楽しむパエリア鍋の選び方

2018年1月19日 | 住居・日用品関連の選び方 |

直火調理中のパエリア

パエリアというと作るのが大変で凝った料理という印象を抱いている方もいるかもしれないが、きちんとした鍋で作れば結構かんたんに美味しく作れる。それではお家でパエリアを楽しむのに最適なパエリア鍋の選び方をご紹介したい。

美味しく作れるパエリア鍋の選び方

エンボス加工などくっつきにくい加工は必須

61WhaBBxiuL._SL1500_

パエリアが好きな人は鍋底付近のオコゲも大好きだろう。これをうまく作るには鍋がくっつきにくい方が良い。よってエンボス加工などくっつきにくい加工をされたパエリア鍋をまずは選ぶといいだろう。お片付けもしやすく便利だ。

パエリア鍋のサイズと対応人数

24~26cm・・・2,3人用

30cm・・・4人用

34cm・・・6人用

とことんパエリア好きな人なら鍋は小さめ20cmぐらいのを2つ用意し、味付けの違ったパエリアを2つ作る方もいるようだ。確かにシーフードは外せないとしてチキンなど肉類系のパエリアもあるとより食事を楽しめるだろう。

IH対応タイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/%E5%8C%97%E9%99%B8%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F-%E3%83%91%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2-Table-IH%E5%AF%BE%E5%BF%9C-26cm/dp/B01LXCSLVT/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1516336313&sr=8-2&keywords=%E3%83%91%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2+%E9%8D%8B+ih%E5%AF%BE%E5%BF%9C

直火の方が風情があってよいが、今後環境の変化によってコンロも変わるかもしれないので、新しく求めるならIHタイプのパエリア鍋が対応できるので最適である。

またIHクッキングヒーターを活用すれば、卓上でも冷めずにたのしめるのでおすすめだ。

パエリア鍋を他の料理でも活用する

パエリア鍋をパエリア専用にしてしまうのはもったいない。ちょっと深いものを選べばスープやパスタにも対応できるし、土曜のお昼に鉄板焼きそば、おしゃれにアクアパッツァなんかにもトライしてもいいのではないだろうか。

深いパエリア鍋

これは浅めの中華鍋だが、蓋を用意すればパエリアにも活用できるかもしれない。(あくまでイメージとして掲載)

色んな料理に活用したいなら少し深めのパエリア鍋を卓上鍋としてもおすすめしたい。

お家で楽しむパエリア鍋に関連する選び方