おいしいさつまいもの選び方

2016年9月17日 | 野菜の選び方 |

20101222-sweetpotato

冬の情緒をもっとも感じる野菜はサツマイモではないかと思う。
単独で主役を張れるので様々な思い出とともに私たちの記憶に残っているだろう。
これからはおいしいサツマイモの記憶を増やしていくとしよう。

さつまいもの基本的な選び方

でこぼこの少ないものを選び取れ!

さつまいもはけっこうデコボコしているイメージもあるのだが、おいしいサツマイモはデコボコが少なく表面がツルッとしているのが多い。
実自体がボコボコの場合もあるが、根によるボコ跡が少ないほど味が良くなる。

細いものよりラグビーボールみたいな形が良い

家庭で焼く場合は細い方が火の通りが早く均一になり重宝するのだが、
やはりラブビーボールのように真ん中がふっくらしているものの方が甘くおいしいのだ。
焼くだけが食べ方でないので、どうせならおいしい形で選ぶ方がいいのではと思う。

ずっしりとした重さは実の充実を表すサイン

根野菜系にコミットメントする選び方のポイントはずっしりとした重みだ。
同サイズのものを持ち比べてより重い方が当たりと覚えておくといいだろう。

おいしいサツマイモの選び方

玄米にビタミンEが豊富なのは周知の事実だと思うが、実はサツマイモは玄米の2倍のビタミンEを保有する優れもののベジタブルだ。
玄米とサツマイモをワンストップして玄米サツマイモご飯というロードマップを引くこともありだと思う。

さつまいもに関連する選び方