おいしい里芋の選び方

2016年9月17日 | 野菜の選び方 |

20101224-satoimo

和食素材の中でも馴染み深くどこか懐かしさも感じる里芋。

低カロリーで食欲増進効果も高い、ぬめりとしたおいしい里芋の選び方をご紹介する。

里芋の基本的な選び方

里芋はまず表面の湿り具合を確認する

里芋は乾燥に弱い食材なので、より新鮮なものを選びたいなら表面の湿り具合を確認するといい。
といってもべチャっとしているという意味でなく、ほんのりしっとりしてるぐらいが自然だ。
水分を保護する泥がきちんとついているかも良い判断ポイントになる。

固くて重いものを選ぶ

次に確認したいのは固さと重さだ。
柔らかすぎる里芋は鮮度が悪く傷んでいる可能性も高いので避けたほうがいい。
そしてやはり重い物ほど実が充実している証拠なので、手に取ることが可能なら持ち比べることをお勧めしたい。

茶色でひび割れてないものを選ぼう

里芋の鮮度が落ちてくると黒ずんでくるので、黒い里芋は選ばない方がいい。
前述の説明に関連するが乾燥してくるとひび割れてくるのでこれもダメな里芋を見分けるポイントとなる。

皮を剥いてあるものは避けるべし

最近皮を剥いたものも出回っているが、これは避けたほうが無難といえる。
表面が固くなりやすくそのまま料理に使用しても、どこか満足感を損なうことだろう。
手間はかかってもきちんと新鮮な状態で食べたいものだ。

おいしい里芋の選び方

芋類の中でも水分が多いのでより低カロリーな食材である。
ダイエットにも剥いているが、 食欲増進効果も高いのでどっこいどっこいか。

里芋に関連する選び方