おいしい「かぼちゃ」の選び方

2016年9月17日 | 野菜の選び方 |

20101221-pumpkin

サラダに煮物にスープにデザートにと大活躍するファンタジーな野菜であるかぼちゃ。
日本で出回っているものは「西洋かぼちゃ」と言われる種で、その甘さから栗かぼちゃとも呼ばれる。
なかなか中身を確認しづらいかぼちゃだが、外見からそのおいしさを見極める選び方をご紹介しよう。

かぼちゃの基本的な選び方

ツヤのないくすんだかぼちゃを選ぼう!

まず第一印象の判断ポイントとして役に立つ項目なのだが、
かぼちゃは表面がツヤツヤしているものより、くすんでいるものの方が味がいい。
表面にツヤがあるものは水分を多く含みすぎているため、かぼちゃの甘さが損なわれている可能性が高いからだ。

ヘタの周りがひび割れているものを選ぼう!

次に少し玄人っぽい判断ポイントをご紹介しよう。
かぼちゃは完熟したものがやはりうまいのだが、熟成してくるとこのヘタ周りがへこんできたりひび割れるような状態になる。
一見素人には痛んでいると移りがちだが、知識さえあれば怖いものはない。

やはり重いかぼちゃを選ぼう!

かぼちゃを選ぶときはやはりずっしりとした重みを感じるものを選ぶといいだろう。
中身の実の詰まり具合を判断する分かりやすいポイントとなる。

カットかぼちゃは種を見る!

ハーフカットされて販売されているかぼちゃを選ぶ場合は、その種の状態を第一の判断ポイントにするといいだろう。
まず、ふっくらと太くそだっているか、中身のワタとともにぎっしりと詰まっているか。
この2点をかぼちゃを選ぶ基準にするといい。

おいしいかぼちゃの選び方

なかなか家庭で一つのかぼちゃを完食するのは大変ではあるが、かぼちゃは保存性の良い野菜なのでその点も好材料として持っておきたい。
冬を感じさせてくれる好ましいファクターの一つだ。

「かぼちゃ」に関連する選び方