おいしい玉ねぎの選び方

2016年9月17日 | 野菜の選び方 |

20101221-onion

保存もしやすく料理の下味を整える上でとても重宝する玉ねぎだが、
包丁で開いた時に痛んでいるものも少なくない。
そんなはずれを引かないための、新鮮な玉ねぎの選び方を紹介しよう。

玉ねぎの基本的な選び方

玉ねぎのお尻から見分けよう!

玉ねぎを選ぶ時はまずお尻を見るといいだろう。
お尻の芯が細いものほど、食べられる部分が多くお得感がある。
この時ちょっと押して固めのものなら新鮮な証拠でもある。

芽や根が出ているものは避けるべし!

当たり前のことだが、芽や根が出ていると栄養素がその成長に使われてしまっているので味が落ちる。
見た目にも選びたくないと思うはずなのでこの点は特に問題は無いだろう。

外見が乾燥しているものを選べ!

玉ねぎの外側の皮が茶色に乾燥していて、かつツヤツヤなものは味が良い。

頭を押して固ければなお良い

玉ねぎは頭の部分から痛んでくるので、この部分に適度な固さが残っていれば新鮮であると言える。

やはり重いものが良い

大抵の野菜選びに共通することだが、同サイズのものを比べて重いものの方が味が良く新鮮な場合が多い。
それから玉ねぎの場合は楕円形のものよりは球に近い形のものを選んでおこう。

おいしい玉ねぎの選び方

カレーに肉じゃがに大活躍の玉ねぎだが、血液をサラサラにする効果もある。
もともと煮崩れしやすく、料理にとけ込みやすいので、
煮込み料理ではさりげなく加えてみるのもいいだろう。

玉ねぎに関連する選び方