おいしいレタスの選び方

2016年9月17日 | 野菜の選び方 |

20101222-lettuce

サラダというとレタスを連想するほどポピュラーな野菜であるレタスは、
栄養価は低いがパリパリとした食感とみずみずしさが魅力的だ。
食感が良く新鮮なレタスの選び方をご紹介しよう。

レタスの基本的な選び方

レタスは軽いものが良い!

同サイズのレタスならより軽いものを選ぶとしよう。
他の野菜の場合は重い方がより良い場合が多いが、レタスの場合葉がしなれてくると重みが増す。
新鮮で食感の良いレタスを選びたいならまずは軽さに注目するといいだろう。

おしりの切り口が痛んでいないもの!

次はレタスのお尻の切り口を確認しよう。
ここが痛んで茶色く変色しているものはあまり新鮮ではないので白くみずみずしいものを選ぶとしよう。

色は明るくライトな緑がいい

濃い緑色のレタスは成長しすぎて歯触りも悪くおいしくない。
若いイメージのレタスを選ぶようにするといいだろう。

ふわっとしたものを選ぶ

カット販売されているレタスでもそうでなくても、葉っぱが詰まってなくて、
ふわっとハリのあるものを選ぶといいだろう。
新鮮でまだ元気な証拠なので覚えておきたい。

おいしいレタスの選び方

キャベツとは違いレタスはあまり主要な栄養素を含んでいないので、
食べる前に水に浸して水分を含ませると食感がシャキッとする。
一枚ものなら見栄えも良くなるので、サラダを作る際はぜひ試してもらいたい。

レタスに関連する選び方