おいしい海老芋・京芋の選び方

2017年11月10日 | 野菜の選び方 |

海老芋・京芋

京野菜の一つである海老芋(別名:京芋)。関東では八頭がおせちに使われるが、関西ではこの海老芋が主流である。反り返った形状と表面の縞模様が海老に似ていることからその名が付き唐芋とも呼ばれている。里芋の一種であるが、よりきめ細かくねっとしとした食感を楽しむことが出来る。

基本は里芋!海老芋の選び方

まずは見た目から!適度に反りがあるものを選ぶ

海老芋の特徴である「芋の反り」。これを確認しまずは第一候補とするのが良いだろう。極端に沿ったものでなく適度に自然な反りを持つ海老芋がいい。ただし細身のものでなく、ふっくらとしつつ反りがある海老芋を選ぶこと。

芋系は重みが重要

最初の候補が決まったら、次は手に取りそれぞれの重みを比べる。里芋や芋系野菜は重いほうが身がつまり良品とされているので、より重みを感じられるものを選ぶと良いだろう。目安としては300g弱だが売り場で確認するのが難しい。

最後に皮で選び尽くす

最後は皮の状態を確認して最終候補を決定するのがいい。皮を見る時のポイントは、

①乾燥しすぎていないか
②傷が多くないか

である。皮が乾燥しておらず傷が少ない海老芋を探すと良い。

タケノコイモ?

京芋というくくりで「タケノコイモ」という種も流通している。見た目も似ているので間違えることも多いが海老芋とは別物であることを覚えておいて頂きたい。

海老芋・京芋に関連する選び方