おいしい「らっきょう」の選び方

2016年10月6日 | 野菜の選び方 |

らっきょう

らっきょうは、店頭では甘酢漬けにしたものがよく売られているが、5月~7月の初夏の頃になると生らっきょうも出回る。
甘酢漬け以外にも、味噌漬け、醤油漬け、天ぷらにしてもおいしいらっきょうの選び方をご紹介しよう。

基本的ならっきょうの選び方

ふっくらとした形

鱗茎がふっくらと丸みを帯びたものを選ぼう。
色は白く、硬くてツヤがいいものが良い。

芽が伸びていないもの

らっきょうは成長が早く、収穫から時間が経つとすぐに芽が伸びてくる。
芽が伸びているのもは鮮度が落ちているので、避けるようにしよう。

粒が揃っているもの

漬物にする場合は、均一に漬けるために、粒の大きさが揃っているものを選ぼう。

保存方法

生らっきょうは日持ちしないので、できるだけ早めに調理・加工をしよう。
冷蔵保存する際は、ラップかポリ袋で包み、1日程度を目安に。

「らっきょう」に関連する選び方