おいしい「さやいんげん」の選び方

2016年10月5日 | 野菜の選び方 |

%e3%81%95%e3%82%84%e3%81%84%e3%82%93%e3%81%91%e3%82%99%e3%82%93

炒め物にも大活躍のさやいんげんだが、意外にもΒカロチンが豊富なのをご存知だろうか?そして川魚よりもカルシウムが豊富という事実には驚きを隠せない。
食べやすく冷凍保存もしやすい、さやいんげんの選び方をご紹介する。

基本的なさやいんげんの選び方

やはり鮮やかな緑色がポイント

さや系の野菜に共通することだが、やはり外見で緑色が鮮やかなものは鮮度が高いと言える。さやいんげんも、このポイントをまずは見極めると良いだろう。

豆の形がわかるものはNG

次にさやの表面を観察し、豆の形が出ていないものを選び取ろう。
豆の形がわかるものは成長しすぎている可能性が高い。

細めのシルエット

豆の形を見るついでに、全体的に細めのシルエットのさやいんげんか判断しよう。
豆の形が出ていないものは大抵細身であるので、付け加えて観察すると良い。

両端のハリを見極める

最後にさやいんげんの両端のハリを確認すると良いだろう。
変色していたりハリがないものは避けるのが無難だ。

さやいんげんの薬膳的なお話

さいやいんげんは薬膳的に、「気を補充する」補気類に分類される。暑さによる不快症状を緩和し、消化器系の働きをサポートする効能を持っている。夏の暑い時期や、肉などとも相性が良いので、合わせて食べるのがオススメだ。

「さやいんげん」に関連する選び方