おいしいこごみの選び方

2016年10月18日 | 野菜の選び方 |

%e3%81%93%e3%81%93%e3%82%99%e3%81%bf

山菜のひとつであるこごみは、シダの仲間で、正式名称はクサソテツという。巻かれた葉が屈んでいるように見えるため、「屈(こごみ)」と呼ばれているのだとか。
こごみは、新鮮なものであれば生食できるくらいアクが少なく柔らかいので、食べやすく調理も簡単な山菜なのだ。

基本的なこごみの選び方

こごみを選ぶときのポイントは、茎の太さと葉の巻き具合。
茎が太くて、先端の若葉がしっかりと巻かれているものが良いこごみだ。
新鮮なこごみの茎には白い粉がついているので、こちらもよく見てみよう(新鮮なものでも粉がついていないものもある)。

保存方法

こごみはあまり日持ちしないので、保存する場合はあらかじめ硬めに塩茹でしておく。冷蔵よりも冷凍保存がおすすめだ。
こごみを塩茹でしたあと水気をしっかり切り、小分けにしたものをお互いがくっつかないように並べて、できれば急速冷凍する。
凍ったら小分けごとにラップで包み、再び冷凍庫で保管する。

こごみに関連する選び方