風味の良い豚もも肉の選び方

2017年11月27日 | 肉&加工食品の選び方 |

豚モモ肉

私たちにとって肉をスーパーで選ぶ時は見た目でしか判断することができない。値引きシールが貼られてなければ大抵直近に加工されたものなので問題ないそうだが、それでも肉の見分け方を身につけていた方が満足感が違ってくると思う。それでは豚モモ肉の場合は何を見極めるとよいのだろうか?

鮮度の良い豚モモ肉の選び方

見た目は発色で見分ける

角煮バラ肉でも同じだが、やはり見た目で見分ける最大のポイントは肉の発色である。これは直感的に分かっていたかもしれないが改めて確認しておくと良いと思う。豚肉の色は基本的にピンク色をしているので、赤味部分がちょっとグレーなピンク色をしているもの(モモ肉はバラ肉よりは濃い目)を選び取ろう。並んでいる商品を見比べてより発色のよいものを選別する感じだ。

ドリップが少ないものを見極める

次にドリップ(赤い液体)が染み出ていないものを選ぶと良いだろう。大抵これを吸うためのシートが敷いてあるので、ちょっと傾けながらそれも合わせて確認する。

豚モモ肉は脂身が少ないものを

これは個人的な好みになるかもしれないが、私が選ぶならより脂肪が少ない豚モモ肉を選びたいと思う。別に健康志向というわけではなく、脂身を多めに味わいたいなら豚バラ肉を料理に使えばいいと思うからだ。

風味の良い豚もも肉に関連する選び方