部位別の味わいで選ぶステーキ肉の通っぽい選び方

2017年12月13日 | 肉&加工食品の選び方 |

おいしそうなステーキプレート

ステーキというとサーロイン一択といった方もいるだろう。それは決して間違ってはいない、だがいつもサーロインステーキでは機会損失になるのでもったいなくもある。今の気分はどうなのか?どんな味のステーキを食べたいのか?そう考えながらステーキ肉を選んでみてはいかがだろうか?

部位別ステーキ肉の選び方

本命サーロインステーキ

サーロイン

牛肉ステーキの大本命がサーロインである。肉質が柔らかく霜も多く入るのでステーキとしては最高の部位と言える。ステーキ部位は他にもあるが、まずはサーロインと比べて選択するのが良い。

参考:牛貴族!?サーロインの選び方

厚切りならリブロースステーキ

リブロース

サーロインより分厚い肉感を味わいたいならリブロースが最適だ。もちろん柔らかく霜降りも多く入る。

ちょっとお安く肩ロースステーキ

肩ロース

脂身をちょっとお安く味わいたいなら肩ロースでステーキを食べると良い。すき焼き用が多くサーロインよりも霜降りが少なく肉質も少し荒くなるが、その分価格で恩恵を得ることが出来る。自宅で食べるなら筋切りしてある肩ロースを選ぼう。(写真は和牛のため霜降りが多い)

肉を味わうなら牛ヒレ肉ステーキ

牛ヒレ肉

脂身ではなく肉本来の旨味を味わいたいなら牛ヒレ肉が最適である。ただし和牛は霜が多く入りやすいので見極め無くてはならない。(ヒレ肉はテンダーロインとも呼ばれる、最高級品はシャトーブリアン)

参考:牛ヒレ肉の選び方

ちょっとお安くランプ肉

ランプ肉

ヒレ肉はちょっと高いけど脂肪の少ないステーキを食べたい、そんな方はランプ肉が良いかもしれない。ヒレ肉には劣るが赤身メインであり適度に柔らかい食感を味わえる。ただしステーキ用として売られているものを選択すること。

部位別の味わいで選ぶステーキ肉の通っぽい選び方に関連する選び方