赤=鮮度良!豚肩ロースの選び方

2017年11月27日 | 肉&加工食品の選び方 |

豚肩ロース

肩ロース肉はちょっと固いイメージがあるがその分歯ごたえが楽しめるので好みである。ちなみにトンカツに使われるロースは背中部位のものなので肩ロースとは少し違い脂肪の甘味を楽しむことができる。肩ロースはより豚肉独特の味わいを感じやすい。

鮮度良好な豚肩ロースの選び方・見分け方

肩ロースは「赤」がベスト

バラ肉やモモ肉などはピンク色が鮮度が高い目安になるが、肩ロースの場合は牛肉のように「赤み」が濃いものが鮮度が高いといえる。従って赤くて発色の良い肉を見分けると良い。

脂肪部分がハッキリしているもの

肩ロースに脂肪は少ないのだが、鮮度を見やすいのでしっかり確認しよう。脂肪と赤身部分の境目がぼやけずハッキリしているものの方が鮮度が良い。また脂肪にほんのり赤みがかかっているぐらいの色合いがよく、茶色ぽかったりくすんだりしているのは鮮度が落ちているかもしれない。

ドリップが少ないのは鮮度高し

続いてドリップ(赤っぽい液体)が肉から染み出てないか確認する。これが大量に出ていると間違いなく鮮度が落ちているので避けたほうが良い。

どんな品種の豚肉を選ぶか?

豚肉も国産・輸入それぞれ種類が多いので迷ってしまうが、黒豚(バークシャー)や三元豚なら間違いがなさそうだ。詳しくは下記リンク先が参考になった。

参考:www.nipponham.co.jp

ただやっぱり国産だと価格が高いので、私は輸入品のホエー豚がコスパ高いと思っている。(ちなみにホエーは品種ではなく、ホエー(乳精)を食べさせて育てた豚のこと)豚肉の魅力は安くておいしいところにあると思う。これはローマ時代もしくはそれ以前から続く価値観のひとつではないか。

赤=鮮度良!豚肩ロースに関連する選び方