臭みの少ない豚レバーの選び方

2017年11月27日 | 肉&加工食品の選び方 |

豚レバー

血抜きなどの下ごしらえがめんどくさいしお店で食べたほうが量も丁度でおいしい・・・だがめんどくさいからこそ、たま~にチャレンジしたくなってしまうのである。一見不合理に見えるけど、きっとそれで何か損失回避できてるのかもしれない。それでは私も知りたかった豚レバー肉の選び方&見分け方について学んでいきたいと思う。

新鮮な豚レバーの選び方・見分け方

レバーは鮮度が命!塊を選ぶ

レバーいついて調べているうちに、他部位よりも鮮度が味を言う部位だということを学んだ。より新鮮なレバーは臭みが少なく味も良いとのことなのだ。その鮮度に大きく関わるのが販売方法で、カットされたものと塊のものがある。当然塊の方が断面が少ないので鮮度が落ちにくい。店にもよるだろうが、まずレバーを選ぶ時は塊を選ぶようにしよう。

白黒ダメで赤色OK

続いてレバーの色をチェックするとよいようだ。鮮度の悪いレバーは妙に黒ずんでいたり城っぽかったりする。鮮度が高い良質のレバーは綺麗に赤味がかっているのでこのポイントは忘れずにチェックするといいだろう。

プリッとして元気そうなレバーがよい

最後は形なりをチェックできれば完璧だ。見た目的に弾力がありプリッとしていて艶々しているものが良品のようだ。見た目が元気なレバーを食べて私たちも元気を分けてもらおう。

臭みの少ない豚レバーに関連する選び方