新鮮でおいしい豚ヒレ肉の選び方

2017年11月28日 | 肉&加工食品の選び方 |

豚ヒレ肉

若い頃はヒレ肉よりもロース肉の方が好きだったが、やはり年を重ねると脂少な目の肉の方が好みになってくるようだ。今後のためにもヒレ肉の見分け方、そして選び方を一度確立しておきたいと思う。

豚ヒレ肉の見分け方ポイント

透明感を感じるような赤色

肉を触って吟味することはできないので、まずは見た目のポイントを見分けるポイントにするとよさそうだ。新鮮なヒレ肉は赤とピンクの中間で透明感が感じられるような赤色をしている。

ドリップ無しのヒレ肉を見分ける

スーパーなどでパック詰めされている食肉を見分けるときは、ドリップ(赤い液体)が出ていないものを選ぶとよい。これはわかりやすいポイントなので鮮度を判断しやすい。

ヒレ肉は脂肪が少ないものを

ヒレ肉らしさを味わいたいなら脂肪が少ないものを見分けるとよいだろう。ヒレ肉はブロック周りに少し脂肪が付いているので、この部分の量を好みで選ぶと良さそうだ。

おいしい豚ヒレ肉の選び方

ここまでの3つの見分け方ポイントを覚えておけば、とりあえず新鮮なヒレ肉を選び取れそうである。続いてどのようなヒレ肉を選ぶか、選び方を確立しておきたい。

豚肉には国産・輸入品、黒豚・三元豚など産地や品種がさまざまにある。どれが一番良いとは言いにくいが、基本的に味は価格に反映されているので品種までこだわらなくても良さそうだと感じる。

したがって、日々の買い物の中でちょっとお得な価格のヒレ肉にであったら、先の見分け方ポイントを思い出して選び取ると良いかもしれない。

新鮮で豚ヒレ肉に関連する選び方