牛豚鶏のどの部位がおいしい?カレーのお肉の選び方

2017年12月6日 | 肉&加工食品の選び方 |

カレーライスとスパイス

カレーの話題に触れるのはワクワクして楽しい。ルー選びも大切だが、メイン食材であるお肉についても少しだけこだわりたい。さてカレーの肉選びのポイントは「脂身」である。この脂身がルーに溶け出すことによってカレー全体に旨味を行き渡らせるのだ。ビーフ、ポーク、チキンにまたがって最適な脂身を持つ肉部位を選び出していこう。

ビーフカレーの肉の選び方

牛肉入りビーフカレー

やはり牛バラ肉が脂身豊富

やはりというべきか脂身をポイントに選ぶなら牛バラ肉が最も適しているのだろう。小さい子供がいるならスライス肉の方が食べやすい、食べやすさも選ぶポイントになる。ただし薄切りバラ肉は煮込むうちに溶けて食感がなくなる恐れがあるので、いわゆるカルビ肉がビーフカレーに使うバラ肉には適している。

スネ肉も捨てがたい

煮込み料理であるので牛スネ肉もゼラチン質などが旨味になるので捨てがたい。この場合は圧力鍋で作ることになるが、価格も安いしちょっとスジ肉が入っているものを選べばトロトロ食感も楽しむことが出来る。

ポークカレーの肉の選び方

豚肉カレー

こちらも豚バラ肉がうまい

牛と同じく豚もバラ肉がカレーには適しているだろう。ブロックでもスライス(厚切り)でも良い感じにルーに旨味が溶け出すはずだ。

豚こま肉は懐かしい

もちろん豚コマ肉でも脂身をよく含んでいるものが多いのでカレーには適している。安いしどこか懐かしい家庭の味のカレーになりやすい。

チキンカレーの肉の選び方

チキンカレー

ジューシーな唐揚げ用のもも肉

チキンカレーといえばやはり鶏もも肉が定番かつ間違いのない選択だろう。ジューシーでゴロッとした肉感を味わいたい時に作りたいカレーだ。

手羽先か手羽元で髄の旨味を

牛豚ではなかなか骨付き肉は使えない。しかし鶏なら手羽がある。この骨付き手羽を一緒に煮込めば骨からも旨味が出てくるのでおいしいことは間違いない。圧力鍋で煮込んでしまえば骨も取れやすいので食べにくさも解消できるだろう。

ひき肉を使ったキーマカレーなど

ひき肉のキーマカレー

ひき肉を使ったキーマカレーなどは、よりルーに旨味がでやすいため肉の味をカレーで楽しむことが出来る。ひき肉を使うことは決定しているので、どんなひき肉を使うかだが、それについては以下のページを参考にして頂きたい。

チェック:おいしいひき肉の選び方

牛豚鶏のどの部位が?カレーのお肉に関連する選び方