新鮮でおいしい鶏レバーの選び方

2017年12月10日 | 肉&加工食品の選び方 |

皿に盛られた調理前の鶏レバー

栄養豊富でスタミナ食の代名詞とも言える鶏レバーの選び方をご紹介する。まず鶏レバーは2種類あるのをご存知だろうか?一つは通常のレバー、そしてもう一つが希少価値の高い白レバー(色は白くない)である。後者はフォアグラと同じ脂肪肝でとろっとした味わいが魅力的だが、購入出来るスーパーは少ないので食べたいなら焼き鳥屋さんなどへ行くといいだろう。レバー特有の匂いも抑えられ苦手な人でも食べやすいはずだ。

新鮮な鶏レバーの選び方

紅色に赤みが差した色のレバーを選ぶ

手にとって弾力などを確かめることはできないので、基本的には見た目の感触から見極めなくてはならない。レバーの赤みが紅色をしておりほんのり赤が差しているものは新鮮である可能性が高い。

見た目から弾力とハリを感じるレバーを

続いては全体的に水々しく弾力とハリを感じ取れるレバーを選ぶといいだろう。

スライスより塊のレバーがベスト

スライスされたものは断面積が大きくなるためそれだけ鮮度が落ちやすい。新鮮なレバーを選びたいならブロックとして売られている鶏レバーを選ぶようにしよう。

新鮮で鶏レバーに関連する選び方