新鮮でおいしい手羽先の選び方

2017年12月8日 | 肉&加工食品の選び方 |

手羽先の唐揚げ

鶏肉の魅力はジューシーな味わいと「肉を食べている!」と満足できる食感にある。中でも手羽先は骨周りのおいしい部位を味わえる人気のお肉だ。国産・輸入品や種類なども大切ではあるが、新鮮な手羽先を見分ける基本的な選び方を覚えておいた方がいいだろう。

新鮮な手羽先の選び方

鶏肉は水分多し!ドリップに注意する

ドリップというのは肉から出てくる赤い液体のことで、これが大量ににじみ出ていると鮮度が落ちている証拠になる。スーパーで買うならパックを少し傾けてドリップが出ているかを確認すると良いだろう。

透明感のあるピンクっぽい肌色が目安

透明感のある肌色をした新鮮な手羽先

次に肉の色を確認すると良い。食肉の代表である牛豚鶏はそれぞれ肉色を持っており、牛=赤、豚=ピンク、鶏=肌色、が血抜きした後の自然な肉色になる。鮮度が落ちるとこれらの色がくすんで黒ずんでくるので注意したいポイントだ。新鮮な鶏肉は透明感がありピンクを帯びた肌色を保っているので、見つけられたら即キープしよう。

ふっくらとした形の手羽先を選ぼう

最後のポイントは全体的な印象が決め手となる。鶏肉は水分を他食肉よりも多く含むが、新鮮でないものはこれらがドリップとして抜け出してしまい、外見も力が抜けたような面持ちになっている。皮も付いているなら毛穴がはっきりして膨らみを持つものがベスト。ドリップの確認も含めて全体的にふっくらしたものを選ぶのがいいだろう。

味付けはどちらが好み?

個人的な話になるが、手羽先は塩コショウでシンプルに、手羽元は甘辛フライドチキンなど濃い目の味付けが合うんじゃないかと思っている。でも、手羽先でカレーを作るのは以外とおいしいから好き。

新鮮で手羽先に関連する選び方