少しのこだわりが楽しい「すき焼き用のお肉」の選び方

2017年12月6日 | 肉&加工食品の選び方 |

肉を調理中のすき焼き鍋

ちょっとしたこだわりが料理の味を演出してくれることがある。すき焼きもそんな料理の一つだろう。難しいことはいらない、一度経験すればそれがスタンダードになり選ぶ手間も省ける。それでは楽しみながらちょっとだけこだわったすき焼き肉の選び方をみていこう。

すき焼き肉の選び方

脂身を味わいたいなら「肩ロース」

近江牛の肩ロース肉

すき焼き肉のスタンダードと言えば肩ロースで決まりだ。適度な脂身ときめ細かい肉の舌触りを楽しむことが出来る。お財布に余裕があるのなら上位ロースであるリブロースを視野に入れるのもよい。

脂身を控えたいなら「牛もも肉」

牛もも肉

もも肉はよく活動する部位肉なので脂身も少なく、高タンパクで低カロリーという特徴を持っている。脂身が苦手な人以外にも健康志向の方なら選択候補の先頭に躍り出るだろう。

チェック:低カロリーで高タンパク質な牛もも肉の選び方

安さで選ぶらなら「牛バラ肉」

81MR5n+RLqL._SL1427_

牛部位では安価な部類に入るバラ肉、価格を重視して選ぶならバラ肉を候補にしてもいいだろう。

変化球で「牛すじ肉」

牛すじ肉串

さてメインではないが、すき焼きに牛すじ肉を入れるのもアリだと思う。もちろん最初から煮込むのではなく柔らかく調理したものを投入するスタイルだ。油が苦手な人でもトロッとした食感を楽しめるし、何より私はスジ肉大好きなので皆さんにも試してもらいたい。甘辛スジ肉もおいしいです。

チェック:おいしい牛すじ肉の選び方

少しのこだわりが楽しい「すき焼き用のお肉」に関連する選び方