パサつかないビーフシチューの肉の選び方

2017年12月6日 | 肉&加工食品の選び方 |

ごろっとした肉が入ったビーフシチュー

ビーフシチューをせっかく作ってもお肉がパサついて残念な思いをした方はいるだろうか?私にも経験があるが、これは脂身が足りないのが原因である。もともと脂身の少ない牛モモ肉を使っているなら違う部位を、脂身含む部位を使っているならきちんと脂身があるかを確認したい。

ビーフシチューに合う肉の選び方

間違いないのは「牛スネ肉」だ!

71qRrHK-s1L._SL1000_

煮込み料理には「牛スネ肉」、これは間違いないく特に理由もいらないだろう。圧力鍋があるならぜひチャレンジして欲しい。ゼラチン質=コラーゲンも含み、スジ肉も少しついているとトロフワな食感も楽しめます。

次は「バラ肉」が候補になる

71WmORC8WrL._SL1000_

牛スネ肉はビーフシチューに最適でおいしいと思うが、やはり調理の手間がかかることが懸念される。お手軽にパサつかないお肉を選ぶなら「牛バラ肉」が最適だろう。バラ肉は脂身の多い部位ではあるが、商品によっては脂身が少ないものもあるので注意したい。もちろんブロックで。

スライス肉なら「肩ロース」

近江牛の肩ロース肉

スライス肉をビーフシチューにしないほうが良いとは思うが、使うなら肩ロースが良いと思う。すき焼き用の定番お肉だ。あまり煮込みすぎると脂身が全部出てパサつくので、シチューに入れるタイミングに考慮したい。

 

パサつかないビーフシチューの肉に関連する選び方