バーベキューを充実させる肉の選び方

2017年12月13日 | 肉&加工食品の選び方 |

バーベキューの風景

バーベキューの主役といえば「肉」であることは間違いない。肉の選択を誤るとせっかくのバーベキューイベントもションボリしたものになってしまうだろう。では充実させるためには?それは主役をゴージャスにすることである。まずは量的に満たし、クオリティをアップさせるために強そうな肉を追加していきたい。

コストを押さえて肉量ゴージャスなBBQ肉候補

鶏もも肉

肌色に薄紅色が差した新鮮な鶏もも肉

厚みがあり見た目にもゴージャスな鶏もも肉を選択肢に入れておきたい。コストを押さえながらバーベキュー風景を充実したものにしてくれるはずだ。もちろん味わいもジューシーでおいしい。

参考:鶏もも肉の選び方

豚バラ肉

豚バラ肉

薄切りだと焼くのに手間取るので厚切りのものを選択したい。豚バラも安価に量を揃えられつつ、味付けによって様々に楽しむ事ができるので魅力的だ。

参考:豚バラ肉の選び方

手羽先や手羽元

透明感のある肌色をした新鮮な手羽先

比較的安価でボリューム満点なのが手羽先や手羽元である。やっぱり骨付き肉はバーベキューのテンションを盛り上げてくれるだろう。

参考:手羽先の選び方

ソーセージ系

ソーセージ料理

見た目のボリュームを底上げする意味でソーセージも用意しておきたい。もちろん食感が異なるのでバリエーションを豊かにする上でも効果を発揮してくれる。

参考:ソーセージの選び方

クオリティアップなBBQに追加したい肉

やはりスペアリブが最強

調理中のスペアリブ

さて前項でボリュームを満たしたとして、次はバーベキューのクオリティを上げるための肉選びだが、やはりスペアリブが最強ではないかと思う。本格的に行うなら専用のコンロを用意して中盤に差し掛かった頃にメインディッシュとして振る舞えれば完璧だ。

参考:スペアリブの選び方

サーロインも強そうだ

調理前のサーロイン

牛肉ではサーロインが最適ではないかと思う。ステーキのゴージャスさをバーベキューにも拝借する感じだ。ただ牛肉系は高いのでコスト面はどこかで調整したい。

参考:サーロインの選び方

焼肉っぽくなるが牛タンやホルモン系

厚切り牛タン

少し焼肉っぽいラインナップにはなるが、あっさりとしたお肉を食べたいという女性も参加するかもしれない。そんな場合は牛タンを用意しておけばバーベキューを楽しんでもらえると思う。(出来れば厚切り)ホルモンは好き嫌いがあるので参加者の嗜好を少し把握しておきたい。

バーベキューを充実させる肉に関連する選び方