おいしく作れるスペアリブの選び方

2017年12月13日 | 肉&加工食品の選び方 |

調理中のスペアリブ

バーベキューにあるとオシャレ感が高くなるスペアリブ、使用する肉はだいたいが骨付き豚バラ肉である。またバーベキューだけでなく、普段食卓で食べたくなることもあるだろう。豚バラ肉の選び方については以前まとめたが、スペアリブにするためのバラ肉となると少しだけ気をつけたいことがある。それでは選び方を見ていこう。

おいしく作れる豚スペアリブの選び方

出来るだけ赤身が多い豚スペアリブ肉を選ぼう

91efmQoUgBL._SL1500_

スペアリブは脂身ではなく骨周りの赤身肉を味わうのが本懐。豚バラ部位は元々脂身を最も含んで入るが、脂が多すぎると上手く飛んでくれず脂っぽすぎるスペアリブになってしまうのだ。まだ網焼きコンロで本格的に作るなら良いが、自宅オーブンで作るとなると特に気をつけたいポイントである。

カット肉は鮮度が落ちやすいことも覚えておく

続いて購入する際はブロックかカットされた物を買うことになるのだが、カットされた肉はブロックよりも鮮度が落ちやすい。したがってすぐに作れるならカット肉の方が便利だが、少し日を空けることになるならブロック肉を選ぶと良い。

続いて発色で見分ける

手にとって感触を確かめることもできないので、色で肉の善し悪しを見分けなくてはならない。豚バラ肉を見分けるときのポイントは、

①赤味がピンク色(豚はピンク!)
②脂身が白い!

この二点を確認するようにすれば鮮度が落ちている肉を選ばなくてすむはずだ。ピンクか赤か判断付かない場合は、くすんだ色をしていないスペアリブを選ぶようにしてみよう。

赤味と脂肪の境目をチェックする

続いてのポイントは赤味と脂身の境目をチェックすることだ。ここがぼやけていると鮮度が悪いと言えるので、できるだけ境目がハッキリと分かれているものを見分けると良いだろう。

おいしく作れるスペアリブに関連する選び方