ジューシー?ヘルシー? とんかつ肉の選び方

2017年12月14日 | 肉&加工食品の選び方 |

皿に大きく盛られたとんかつ

年齢を重ねると脂っこいものが苦手になるが、それでも食べて続けたいと思うのがとんかつだ。肉を選べば脂肪量も調節できる。それではとんかつ用肉の選び方をみていこう。各肉ごとの選び方は参考ページで詳細を確認して頂きたい。

基本的な・・・の選び方

ジューシーなロース肉

豚肩ロース

とんかつと言えばやはりロース肉が代表格だろう。ジューシーな肉汁を含み脂肪のとろけるような甘味が特徴だ。ロースは豚の肩から背中にかけての部位だが、少し脂身を落としたものを食べたいなら肩ロースをとんかつに使うと良い。お店ではロースで一括りだが自宅で作る分なら選んで作りやすい。

参考:豚肩ロースの選び方

やわらかさと肉の旨味ならヒレ肉

豚ヒレ肉

脂身が少ないが肉質が柔らかく肉の旨味を存分に味わえるのがヒレ部位である。年齢を重ねると脂身が重たくなるが、ヒレ肉なら口いっぱいに肉の食感を広げて満足できるだろう。

参考:豚ヒレ肉の選び方

コスト抑えた豚バラ肉スライス

豚バラ肉

豚バラブロックを使うと脂っぽすぎるので、これは豚バラスライスを使う。豚バラスライスを1,2枚重ねて折りたたみ衣を付けて揚げるのだ。サイズ的に一口カツになるが、コストを押さえつつ脂身の甘さも味わえるので、家庭で作る分には子供にも喜ばれるだろう。

参考:豚バラ肉の選び方

ジューシー?ヘルシー? とんかつ肉に関連する選び方