牛貴族!?おいしいサーロインの選び方

2017年12月13日 | 肉&加工食品の選び方 |

調理前のサーロイン

サーロインは牛肉の貴族!これはそのおいしさから英国王から「サー」の称号を与えら得たことから「最上級のロース=サーロイン」と呼ばれるようになったそうだ。そんな高級品の選び方には失敗したくない。

おいしいサーロインの選び方

国産牛と輸入牛の特徴から選ぶ

サーロインを選ぶならまず国産和牛か輸入かで選ぶことになる。それぞれを比較した簡単な特徴は、

輸入と国産和牛サーロインの比較

価格 柔らかさ 調理法
国産和牛 高い 柔らか お好み
輸入牛 安い 固め 火を通しすぎない

こんな具合だろう。脂肪が多く柔らかいので国産牛は火を通しすぎても固くなりにくい。逆に輸入牛は赤身が多いので火を通しすぎると固くなりおいしくなくなる。

コストを押さえたり脂身が苦手な方は輸入牛脂身の甘さを味わったり火をしっかり通して食べたい方は国産和牛を選ぶ、といった選択ができると思う。もちろん予算が物を言うだろうが。

※海外種の牛でも日本国内で飼育されると「国産牛」と呼ばれるので注意しておきたい。和牛と明記された牛肉と比較すること。

見た目が鮮やかな色のサーロインを選ぶ

輸入と国産で選択できたら、次は肉の色を確認しておこう。輸入牛の方が赤身が多いため濃い色をしているが基本的には艶のある赤色の牛肉を選ぶのが良い。店頭に並ぶ牛肉はすでに寝かせて有り食べごろとして出されているので、購入したその日に食べるようにしたい。

脂身がはっきりしているもの

脂身の量はお好みで選べば良いが、脂身と肉の境がクッキリしているものを見極めるようにしよう。

最後はドリップを確認する

パック詰めのサーロインを購入する場合、めったにないと思うがドリップ(赤い液体)を確認するようにしたい。鮮度が落ちると肉からドリップが多く出てしまうので分かりやすいポイントだ。閉店間際などに購入する際は使いやすい選び方である。

牛貴族!?サーロインに関連する選び方