おいしい梨の選び方

2016年9月17日 | 果物・フルーツの選び方 |

20101218-nashi1

みずみずしく、さわやかな甘みが人気の梨。
せっかくならおいしい選び方を知って、旬の味覚を楽しもう。
スーパーや梨狩りで役立つこと間違い梨だ。

梨の見た目の選び方

まずは尻と肩

梨の目利きで大切なのは「尻」と「肩」である。
肩が張っているような感じで、尻がふっくらと豊かなものを手に取ると良いだろう。
つまりあまり丸っこいものは避けたほうが無難ということだ。
ちなみに梨は尻の方が甘くおいしい。

より大きなものを

大きいと味が薄いなどイメージを持つ人もいるかもしれないが、
梨は一般的に大きい方が味は良い。

軸のしっかりしたものを

軸が細くしっかりしたものをチョイスしよう。
うまく説明はできないが、とにかくそうしておこう。

梨の手触りからの選び方

ザラザラよりツルツル

梨というのは皮がざらざらしている。
しかし、ここで気をつけなくてはならないのは、この「ザラザラ感」は梨が十分に熟していない、というサインであると言うことだ。
梨は熟すにつれ、表面のザラザラ、つまり茶色っぽい斑点がなくなっていき、
最終的に食べごろになるとツルツルな手触りになる。(見た目にも艶がでる)
スーパーで選ぶ場合でも、梨狩りの場合でも、すぐ食べるなら表面がツルツルのものを選択し、
日にちをおいたり、お土産として持って帰るのなら、ちょっとザラザラなものの方が長持ちする。

柔らかいより硬いもの

柔らかい梨は熟を通り越して古い場合が多い。
あの独特の食感と甘みを堪能したいのなら、柔らかいものより硬いものを選ぼう。

より重いもの

同じぐらいのサイズの梨を両手にとり重さを比べみよう。
重い方がより果汁もあり実も締まっているのでオススメだ。

おいしい梨の選び方

これらのポイントを抑えておけば、彼女と梨狩りに行った際にも知性とたくましさをアピールできるし、
子供と一緒に出かけたときでも羨望のまなざしを受けることが出来るはずだ。
選び方を知っているということは、他より先行く先進性と、純粋な尊敬を得られるということである。

梨に関連する選び方