おいしいミカンの選び方

2016年9月17日 | 果物・フルーツの選び方 |

20101218-mikan1

ミカンほど選び方を知っておいて得するフルーツはないだろう。
無造作にコタツの上に置かれたミカンから、自分のためにおいしいミカンを選ぶ場合でも、
おいしいミカンを選んであげる場合でも、自分が得することには変わりないからだ。
それではおいしいミカンの選び方をご紹介したいと思う。

みかんの選び方

ヘタの小さく緑色で軸の細いものを選ぶ

ヘタが大きく軸が太いものは大きな枝になった場合が多いので大味になりやすい。
逆にヘタが小さく軸が細いものは小枝に成ってた可能性が高く味が良い場合が多い。
またヘタが緑色なほど新鮮な証拠であるので、枯れたようなものは避けるべきであろう。

艶がなく日焼けしてないものを選ぶ!

ミカンは表面に艶がないもののほうが味がよい。
それから日焼けしている場所は果汁が少なくパサパサになっている場合が多いので選んではいけない。

ムラ無く濃く色づいているものがよい

ミカンは成っている位置によって成長具合が異なるので、
より甘く果汁の多いものを選びたいなら色ムラの少なく濃いものを選ぶと良いだろう。

基本的には小さく平べったいものを選ぶんだ!

ミカンは大きなものより小さいもののほうが味がよくうまい。
そして丸っこいやつより横に平べったいものの方がおいしい。

皮がブカブカのものは選択外!

皮がブカブカの状態を「浮き皮」といい、みかんを選ぶとき真っ先に選択肢から除外しよう。
はっきりいってまずい。

おいしいミカンの選び方

ミカンを選ぶときお尻を押してその柔らかさで味を判断する風習が根強いと思う。
それも皮の薄さを判断するという点では間違っていないが、
今回ご紹介したポイントの方が素早く効率的に選ぶことができる。
こたつの上のちっぽけな戦いに刹那の勝機を見出すことができるはずだ。

ミカンに関連する選び方