おいしいブドウの選び方

2016年9月17日 | 果物・フルーツの選び方 |

20101218-budou1

世界で最も栽培されているフルーツであるブドウ。
日本でもぶどう狩りなどで日常的にブドウを選ぶ場面に遭遇するはずだ。
そんな時に役立つブドウの選び方というものをご紹介していこうと思う。

ぶどう狩りに使える選び方

先端のブドウが甘いものを選べ!

ブドウは房の方により日光を浴びて育つため、どうしても房の部分の粒が甘くなる。
と言うことは、先っぽの方の粒が十分に甘ければ、全体的に甘く、当たりのぶどうと言えるだろう。

白い粉。。。

ぶどうは病気や乾燥から実を守るために、表面にブルームという白い粉を付着させる。
この白い粉がきちんと付いているものは、健康に育っている証拠なので期待しておこう。

茎の太いものがいい!

ブドウを選ぶときは茎の太さにも注目してもらいたい。
他のブドウと比べて、茎が太いものはより健康に育った証拠なので、どうせならこちらを選ぶといいだろう。
もちろん瑞々しければ文句なしだ。

色が濃いものほどうまいんだ

皮の表面の色に注目しよう。
この色がより濃いものの方が甘くおいしく感じるだろう。
またマスカットなど黄緑系のブドウについては、少し黄色がかったものの方がうまいだろう。

おいしいぶどうの選び方

とりあえずこれだけ覚えておけば間違いない。
特に、ぶどうの上と下で甘さが違うこと、そしてブルームの存在に関する知識を有していれば、
ある程度の見識者として旨を張っても良いはずだ。

ブドウに関連する選び方