おいしいグアバの選び方

2016年10月19日 | 果物・フルーツの選び方 |

グアバ

グアバは、熱帯地域に自生するフトモモ科の果物だ。和名では蕃石榴(バンジロウ)ともいう。
グアバはとても品種が多く、果肉が白いものや赤いもの、果皮が緑色のものや赤いものなどがあり、その味も種類によって様々だ。多くのグアバは甘味と酸味があり、ジュースやゼリーなどに利用される。
生産はインドや東南アジアなどの海外が主だが、日本でもわずかながら沖縄や九州で栽培されている。

基本的なグアバの選び方

形がきれいなもの

形はきれいな丸形で、重みがあるものが良い。
皮にキズが多いものは避けよう。

皮の色

品種にもよるが、果皮の色は緑色のものほど未熟で、熟すにしたがって黄色くなってくる。すぐに食べたいときは、黄色く熟したものを選ぶといいだろう。

柔らかいもの

手で触ってみて、柔らかく、香りが強いものが食べごろ。
皮が硬いものは未熟なものだ。

保存方法

グアバ 保存

皮が硬くて色が青いグアバは未熟なので、追熟させる必要がある。
常温の室内に置いておき、皮が柔らかくなって香りが出てきたら食べごろだ。
追熟させたものは、新聞紙などに包んで冷蔵庫で保存する。

グアバの栄養

グアバの果実にはビタミンCが豊富に含まれていて、美肌や風邪予防に効果が期待できる。抗酸化作用のあるβカロテンも含んでいる。
また、グアバの葉はポリフェノールを多く含み、これには食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果がある。そのため、グアバ葉は健康茶として利用されている。

グアバに関連する選び方