時々無性に食べたくなる「おいしい酢だこ」の選び方

2017年11月9日 | 魚介類の選び方 |

bad59325083c96f92e3776b881f8582a_s

正月料理なので常食する人は少ないが、時々無性に食べたくなる人も多いのではないだろうか?私もそんな人間の一人である。何か普段とは違ったものが食べたい衝動が出る時、候補に上がるのがイカやタコといった軟体食材である。今回はスーパーでもお目にかかりやすい「酢だこの選び方」をご紹介したい。

酢だこは「たこ種」と「調味料」で選ぶ

「酢だこ用たこ」にも種類がある

521146

タコというと「真だこ」が第一に思い浮かぶが、酢だこに使われるタコには何種類かある。真だこミズダコアフリカ産たこなどが手に入る中では一般的。真だこは高級品になりやすいので、手頃な酢だこを食べるなら後述したミズダコか輸入物を選ぶとよいだろう。食感は非常に似ているので、そこまで問題はないはずだ。逆に縁起を大きく担ぎたいなら真だこの高級品・明石蛸を選んでも良いだろう。

砂糖か甘味料か

砂糖

酢だこの味付けには甘味を使うが、これを砂糖でつけるか人工甘味料で付けているかが選ぶポイントとして挙げられる。味的には人工よりも砂糖のほうが柔らかい味わいであるので、できれば砂糖もしくは全糖と表記された酢だこを選ぶことにしよう。

関東圏の酢だこは着色されている

味には関係ないのだが、酢だこは正月の縁起物ということで関東圏では赤く着色されている。紅白の彩りがおめでたいからだ。

国産酢だこはネットでお取り寄せ

最初の項でたこの種類について説明したが、スーパーでは輸入品が圧倒的に多い。たまに食べたい、それも美味しいものを、という方はネットで国産真だこをお取り寄せすると確実である。

 

時々無性に食べたくなる「酢だこ」に関連する選び方