おいしいムツの選び方

2017年11月1日 | 魚介類の選び方 |

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

名前に「ムツ」とつく魚は数種類存在するが、日本沿岸に生息しているのはムツ科のムツクロムツの2種類。色が多少違う程度でよく似た姿をしていて、市場では厳密に区別はされていないという。アカムツもムツに似ているが、こちらはスズキ科の魚だ。
「ムツ」という名前は、脂っこいことを意味する「むつっこい」「むっちり」から由来している。そのくらい、ムツには脂が多く含まれていて味も良いが、近年では高級魚として位置付けられていて、味わう機会も少ないかもしれない。
また、ムツの卵巣は「むつ子」と呼ばれ、身よりも美味であると珍重されている。

基本的なムツの選び方

目とエラを見る

魚の鮮度を見極めるには、まず目とエラを見よう。目が澄んで水分が抜けていないもの、エラが鮮やかな赤色をしているものが新鮮だ。

ハリがあるもの

お腹に触れてみて、ハリと弾力があるものが良い。腹部が柔らかくなっているものは避けよう。

切り身はピンク色

切り身を選ぶなら、身が淡いピンク色をしているものが良い。

ムツの調理

ムツ料理

ムツは刺身、煮付け、汁もの、焼きもの、揚げものなど、どんな調理法でもおいしくいただける。
身がとても柔らかいので、くずれないように注意しよう。
ムツのおいしさである脂の旨味を損なわないように、煮物以外は基本的に薄味に仕上げるのがおすすめだ。

ムツに関連する選び方