おいしいカレイの選び方

2016年11月14日 | 魚介類の選び方 |

カレイ

柔らかくふんわりとした白身が美味しいカレイ。
カレイは日本全国の沿岸に生息し、その種類は40種以上ともいわれている。日本近海で獲れるものにマガレイ、マコガレイ、ババガレイ、イシガレイなどがあるが、中でもマガレイの漁獲量が多く、一般的なカレイである。
カレイとヒラメは平べったい形がよく似ているが、「左ヒラメに右カレイ」と言われ、カレイは両目が右側に、ヒラメは左側についていることで見分けることができる。
煮付け、刺身、揚げ物、焼き物など様々な料理に用いることができる。冬場の産卵前のメスカレイは子持ちガレイと呼ばれ、煮付けにするには特に好まれている。

基本的なカレイの選び方

肉厚で硬いもの

身が肉厚で、表面にはハリとツヤがあり、触ってみてしっかり硬いものが良い。

裏側が黄色いもの

裏返してみて、白くきれいなものを選ぶ。真っ白なものは鮮度が良い証拠だ。

切り身は血がにじんでいないもの

切り身を買うときは、白身に透明感があり、骨の周りから血がにじんでいないものを選ぼう。

カレイに関連する選び方