おいしい山芋の選び方

2016年9月17日 | 野菜の選び方 |

20101225-yamaimo

山芋はその形状によって大和芋や自然薯といったふうに呼び方が変わる。
ネバネバで体力回復に効果があり消化がとても良いので昔から滋養強壮に優れた食材として重宝されてきた。
それでは山芋のおいしい選び方をご紹介していく。

広 告

山芋の基本的な選び方

傷がなく茶色く変色してないものを選ぶ

まず自然薯だろうが大和芋だろうが、鮮度を判断する上では色をポイントとして見るとよい。
茶色く変色していなくきれいな黄土色のものが良品で味も良いものとされている。
また傷があるとそこから痛みやすく水分も逃げてしまうので気をつけたい。

表面がしっとりとしているか確認する

山芋の表面を確認して乾燥しているようなら鮮度が低い証拠だ。
ある程度しっとり感のあるものを選ぶと良い。

自然薯を選ぶ場合

自然薯を選ぶ場合はあまり太すぎるものは避けておくといい。
太いものよりは手ごろに細い方が味がよくなる。

おいしい山芋の選び方

とろろに代表されるように摩り下ろして食べる機会が多いが、
山芋は普通にてんぷらにしてもおいしくいただける。
とろろほどではないが、あのねっとりとした食感を別角度から楽しめるのでオススメだ。

山芋に関連する選び方