おいしいじゃがいもの選び方

2016年9月13日 | 野菜の選び方 |

20101222-potato1

じゃがいもが嫌いな人間なんているんだろうか。
それほどにこのホクホクとした食感とナチュラルな甘みは安心感を与えてくれる。
幸せな人生には、おいしいジャガイモの選び方が必須項目なのかもしれない。

広 告

じゃがいもの基本的な選び方

じゃがいもはM

といっても性格の話ではない。サイズの話だ。
つまりLやSなどのサイズより中玉のMサイズが味が整っていておいしい。

当然茶色で芽の出ていないものを選ぶ

緑がかっているじゃがいもや、芽の出ているじゃがいもはやめておこう。
特に芽は毒性のある物質を含んでしまうので用心したい。

シワ無く傷なくハリのあるものがいい

所々傷がついていたり、皮にシワがよっていたりするものはやめて、
全体的に色が均一で皮にハリのあるジャガイモがいいはずだ。

料理による選び方

まず男爵系のじゃがいもは煮崩れしやすいので、ポテトサラダやコロッケなどのマッシュ向けと言える。
逆にメークイーン系は煮崩れしにくいので、カレーや肉じゃがで形を残したいときに使うといい。
特に辛いカレーが好きなら男爵系のじゃがいもだと辛みを押さえてしまうので気をつけたい。

おいしいじゃがいもの選び方

じゃがいもは食物繊維を多く含み栄養バランスや満腹感も良いので、実はダイエット向きの野菜である。
ポテトチップスのおかげで太りやすいという先入観を持っている方も多いと思うが、どうやら真実はその先にあるようだ。

じゃがいもに関連する選び方