おいしい白菜の選び方

2016年9月17日 | 野菜の選び方 |

20101221-hakusai

日本人にはなじみ深い冬の野菜である白菜。

新聞紙に包まれる姿にはどこかそそるものがある。

おいしい白菜の選び方というものをまとめてご紹介しよう。

広 告

白菜の基本的な選び方

まず白い部分をチェック!

ファーストコンタクトとしてまず白菜の白い部分全てに注目しよう。
白い部分がみずみずしいか、黒い斑点や茶色いシミ等無いか、お尻の切り口は新鮮か。
これらを総合的に確認しより白いものを選ぶことで新鮮な白菜を見分けることが出来るだろう。

次は緑の部分をチェック!

白い部分の次は白菜の緑色の部分、主に葉や葉先を確認しよう。
緑の部分に黄色が重なっていたらそれは鮮度が低い証拠なので避けるべきだ。
柔らかそうだからといって選ぶべきではない。

最後に葉の巻き具合をチェック!

色で鮮度を確認したら、最後は葉っぱの巻き具合を確認しておくといいだろう。
先端までしっかりと巻いてあるものを良とし、それ以外は妥協点にしかならないことを覚えておこう。

カットされたときのチェックポイント!

半分にカットされた白菜を選ぶときは、内部の葉の巻き具合も大切だが、
売る側もわざわざスカスカなものを店頭に並べる訳は無いのでここでは一旦置いておく。
それよりも何時カットされたかを確認する為に、真ん中の盛り上がり具合を確認するといいただろう。
時間が経つにつれ盛り上がり具合が盛り上がってくるので目安とするといい。

おいしい白菜の選び方

鍋には欠かせいない具材である白菜には豊富なビタミン群が含まれている。
鍋にするとそれらを壊してしまいそうだが、それならば漬け物が一番いいのか。
専門家でないのでそこら辺はわからないが、システマチックに食すことだけは避けたいものだ。

白菜に関連する選び方