おいしい大根の選び方

2016年9月17日 | 野菜の選び方 |

20101222-daikon

焼き魚などの焦げた部分に含まれる発がん性物質を抑制するアミラーゼという酵素を多く含んでいるため料理にチョンと添えられることが多い大根。
ただはっきり言っておきたいのだが、食材の焦げた部分に含まれる発がん性物質など微々たるもので何十キロと接種して始めて気になる程度のもの。
めんどくさい固定観念を打破し、めんどくさいこだわりを持つのも人間っぽくていいのではないか。
それではおいしい大根の選び方をご紹介していこう。

広 告

大根の基本的な選び方

大根は緑と白のコントラストが大切

まず直感的に選びたいなら大根の織りなす緑と白のコントラストのイメージを持つと良い。
首の部分がより緑になっており、根の部分がより白いものは鮮度がよいのでみずみずしい味わいを楽しむことが出来るだろう。

葉の中の芽を見つけ出そう!

少し玄人っぽい判断基準となるが、大根の葉っぱの中心には大根の芽がある。
これが育ちすぎていて茎のような状態のものは、成長しすぎているので避けるべきだ。

葉っぱの状態から判断しよう

葉付きの大根の場合は葉っぱの状態からもその鮮度を判断することが出来る。
まず基本は葉っぱがシャンとしていてハリがあるものがいい。
もちろんしっかりと緑に色づいているのも見逃せない。
あまりマナーは良くないが葉っぱが折れているのなら、そこにスが入ってないかを確かめるのもの目利きとしては外せいないポイントだ。
ここにスが入っているようなら、肝心の大根部分にもスが入っている可能性が高くなるので注意しておきたい。

おいしい大根の選び方

冒頭にめんどくさい記述をしてしまったが、単純に筆者が大根おろしがあまり好きでないために出してしまった戯れ言であるので、ゆるやかに流してもらえると嬉しい。
ただ大根自体は大好きなのだ。
その点だけは誤解の無いようにお願いしたいと思う。

大根に関連する選び方