おいしいブロッコリーの選び方

2016年9月17日 | 野菜の選び方 |

20101222-broccoli

つぼみのふわふわとした食感が魅力的なブロッコリー。
元はキャベツの一種で、ブロッコリーが白くなったものがカリフラワーとして定着していったようだ。
栄養が豊富でおいしいブロッコリーの選び方をご紹介する。

広 告

ブロッコリーの基本的な選び方

紫がかったものを選べ!

ブロッコリーというと緑一色のイメージが強いがよりおいしいブロッコリーの色は少し紫色がかかったような感じになる。
良く日光を受けて育った証拠なので、甘みも濃くなりおいしい。
茹でれば鮮やかな緑色になるのでぜひ探してもらいたい。

つぼみが詰まって締まっているものを選べ!

つぼみの部分に隙間が無く詰まっているものを選び取ろう。
そういうものは大抵つぼみが小さく感じるので見分けやすい。
もちろん黄色く変色しているようなものは避けるべきだ。

切り口から鮮度を判断しよう!

つぼみだけでなくブロッコリーの切り口も確認するといい。
茎の中にスや空洞が入っているのは鮮度が落ちている可能性が高いので選ぶのはよそう。

おいしいブロッコリーの選び方

なかなかメイン食材となりにくい野菜だが栄養価はかなり高い部類に入る。
レタスをたくさん食べて野菜を取ったつもりでいるよりは遥かに有益な食材だ。

ブロッコリーに関連する選び方