おいしいタケノコの選び方

2016年10月3日 | 野菜の選び方 |

%e3%82%bf%e3%82%b1%e3%83%8e%e3%82%b3

春の食材である、タケノコ。
一言にタケノコといっても様々な種類があるが、一般によく見かけるのは孟宗竹(もうそうちく)という種類だ。
水煮にしたものが一年を通じて売られているが、3月から5月頃には生のタケノコも出回る。
おいしいタケノコは、どのように見分けたらいいのだろう?

広 告

基本的なタケノコの選び方

皮の色が薄いもの

タケノコは、日に当たる時間が長くなるほど皮の色が濃くなる。
皮の色が濃かったり黒くなっているものはアクが強くなっているので、避けたほうがいいだろう。
皮の色が薄く、湿り気があり、ツヤの良いものを選ぼう。

太くて短いもの

ずんぐりと太く短いものがおいしいタケノコだ。
なおかつ、先端が閉じているものが良い。先端が開いて緑色になっているものは育ち過ぎなので、やめておこう。
根元のぶつぶつは、より少ないものが良し。

保存のコツ

タケノコは、掘り出した直後から鮮度の低下が始まり、時間の経過とともにアクも強くなっていく。
生のタケノコを手に入れたら、できるだけすぐに下茹でをして、アク抜きをしよう。
茹でたら皮をむき、水に浸して密閉容器で保存する。
毎日水を交換しながら、1週間ほど保存可能だ。

タケノコに関連する選び方